夜の幣舞橋(その28)

  • 2013/03/26(火) 00:00:00

久しぶりに35-100mmをぶら下げて散歩する。
ロータリーの花時計の周りの雪もかなり融けていた。



続きを読む

「夜の幣舞橋(その28)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
夜の幣舞橋(その22) (2012/11/30)
春採湖ネイチャーセンター(後) (2011/06/08)
お医者さんのイルミネーション (2011/12/31)

ラブ・クシロ・イルミネーション(その7)

  • 2013/03/22(金) 00:00:00

3月中旬。
夜10時でも気温がプラスになってきた。
風が強いと寒いけれど。

ところどころに水溜りがあり、
冬に雪が厚く積もっていた場所は特に歩き難かった。



続きを読む

「ラブ・クシロ・イルミネーション(その7)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
わずかに夕日 (2010/08/12)
飛鳥2、入港 (2011/07/26)
イルミネーション、点る(前) (2010/02/09)

ラブ・クシロ・イルミネーション(その6)

  • 2013/03/16(土) 00:00:00

E-P1 & 25mmF2.8を持って夜の散歩。

もうすぐ終了するぬさまい広場のイルミネーションを撮る。



続きを読む

「ラブ・クシロ・イルミネーション(その6)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
E-P1のISO1600テスト(前) (2009/09/16)
春採公園(前) (2011/10/14)
夜の幣舞橋(その18) (2012/10/23)

LSTしもきた、寄港(冬の釧路港)

  • 2013/03/09(土) 00:00:00

海の方からヘリコプターのようなエンジン音が響いていると思って、
地元情報を見ると、海上自衛隊のLST「しもきた」が寄港していた。

エンジン音は、搭載しているホバークラフトのエンジン音のものだったと思う。

手前の漁船と比較すると、その大きさが分かりやすい。
釧路・根室地方だと、国道・鉄道共に津波の到達予測地点にあるので、
津波や地滑りによって海沿いの国道・鉄道が通行不能に陥った場合、
こういった港湾施設なしで陸上までに大規模に輸送のできる
(つまり上陸作戦の可能な)艦船が役に立つことは間違いないと思う。
事実、東北ではヘリコプターとホバークラフトがかなり役立った。
一時期「ムダ」呼ばわりされていた道東自動車道にも期待するところはある。

なお、大規模災害での初動において、インフラ(物資込み)を
自前で準備できる分、警察や消防と比較しても軍隊(自衛隊を含む)は強い。


続きを読む

「LSTしもきた、寄港(冬の釧路港)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
14-35mmで撮るイルミネーション(後) (2011/01/26)
夜の幣舞橋(その27) (2013/03/04)
MOOのクリスマスツリー (2012/12/07)

夜の幣舞橋(その27)

  • 2013/03/04(月) 00:00:00

2月の後半、夜の9時過ぎで外気温はマイナス5℃。
少し寒さが緩んできたような気がする。



続きを読む

「夜の幣舞橋(その27)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
北海道立釧路芸術館(前) (2012/08/29)
釧路市こども遊学館(前) (2011/10/05)
霧の鶴ヶ岱公園 (2012/07/12)