慣らし運転、900草原へ

  • 2010/09/30(木) 00:00:00

天気がいいのでツーリングへ行こうと思ったが、寒さに負けて車で出かける。
病み上がりだし、インプの慣らし運転があるからこれはこれでいいんだが。
※ 納車時に担当からも説明を受けたが、取説の1-22に、
 「新車の慣らし運転中(1,000 kmまで)……4,000 rpm以下」と書かれている。

まず弟子屈町の900草原に寄り道。空が高い。

今回、E-30 & 11-22mm、E-3 & 35-100mmを持ち出した。いつもの組み合わせか。


続きを読む

「慣らし運転、900草原へ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
平成25年の初日の出 (2013/01/15)
冬の砂湯(後) (2011/03/18)
タイヤ慣らしのツーリング(後) (2012/08/04)

ラリージャパン2010(その4)

  • 2010/09/29(水) 00:00:00

ラリージャパンの2日目はまずサービスパークに寄った。
ラリー北海道ほど朝早くなくても間に合うので気分的にラクだが、
駐車料金とチケット代が張るので、経済的にはやや苦しい。
いきなり人だかりになっていると思ったら、ペターのサービスアウト待ちだった。

インフルエンザで苦しいはずなのに、ファンに笑顔を振りまいている姿は
まさに「スター」だった。この時点で暫定トップを走行中なのも凄いが。

サービスパーク > リフューエル付近でリエゾン観戦 >
苫小牧市街で昼ゴハン調達 > 苫小牧林道SSニカラショート2と移動。

駐車場で陸別の浜田さんに会ってびっくりした。
偉い人なのになぜか駐車場のチケット売ってるしw
ニカラショートのチケットは午前午後共に売り切れになっていたのにも驚いた。


続きを読む

「ラリージャパン2010(その4)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ラリーとかち2012(その1) (2012/10/22)
雪上練習会2010冬(前編) (2010/03/23)
ラリーとかち2012(その3) (2012/10/26)

レガシィB4引退、そして・・・

  • 2010/09/28(火) 00:00:00

平成11年12月に購入したレガシィB4をついに引退させることにした。
エンジンはまだまだ絶好調だが、足回りのメンテ費用を考えると買い替え時に思えた。
雪道でも良好なコントロール性と、長距離走行での疲労の少なさにはかなり助けられたし、
故障らしい故障も少なくて、大変満足できた。お疲れ様。

7年目の車検でタイミングベルトとクラッチ、エアフロセンサーを交換した時は
車検費用コミで30万円近くかかったが、その後の4年間で8万6000km走っているので
(しまいにダートラ場でタイムアタックしてるし)元は取った気分。
そろそろドライブシャフトブーツとハブベアリング、ブレーキローターも
交換しないとマズイうえ(購入時から無交換)、ショックアブソーバー(3セット目)が抜け始めている。

10年と9ヶ月で走った道のり、20万1563km。

8万kmと16万kmでショックアブソーバーを交換している。


続きを読む

「レガシィB4引退、そして・・・」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
網走ドライブ、2011年冬(4.充電スタンド) (2011/04/08)
エンジンルーム (2010/10/11)
冬タイヤ装着 (2010/11/11)

ラリージャパン2010(その3)

  • 2010/09/27(月) 00:00:00

札幌ドームスーパーSS(SS9 & 10)の続き。
ジャンプ台で交差するのは、CarNo.62、大嶋&井手上ランサーと
CarNo.61、岩下&高橋ランサー。

WRカーは別として、あまり高く飛ぶとアンダーガードをぶつけて後々大変。

CarNo.46、カマキョウ&高橋巧のランサー。
恐らくPWRC史上最も規模の小さなラリーチーム。

大庭先生には感謝します。


続きを読む

「ラリージャパン2010(その3)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
陸別スーパーターマック2009(その4) (2009/07/10)
Super Tarmac 2010 (その7) (2010/06/01)
EZO SUMMER RALLY 2010 (その1) (2010/07/05)

ラリージャパン2010(その2)

  • 2010/09/25(土) 00:00:00

支笏湖でリエゾンを見た後、友人と別れ月寒ドームのサービスパークへ。
2008年の札幌ドームと違い、駐車場には余裕があった(2,500円/日もするからか?)
午後6時半の札幌ドームスーパーSSまで時間がかなりあるので、ひたすらノンビリする。
プライベーターのサービステントにあまり近づけなかったことが残念といえば残念。

なお、キミ・ライコネンの写真はこのポスターしか載せていない。

午後5時になったので、余裕をみて札幌ドームへ移動。
売店が充実しているだろうと思ったら、おつまみに多少毛の生えた程度の品揃えで
すきっ腹のまま観戦になりそうな予感。満腹で寝過ごす危機は回避できるが…。
ついでに言えば、ここだけは札幌の人が「ちょっと寄ってみるか」と思わせる
料金設定にしてほしかった(本州から遠征して観る人には妥当な料金かもしれんけど。)

スタート側の「立ち入り禁止ゾーン」を背にして、立ち上がって撮影できる場所に座る。


続きを読む

「ラリージャパン2010(その2)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
EZOエンドレスラリー2011 (2011/02/24)
ラリー北海道2010(その11) (2010/06/30)
ラリーとかち2009(その3) (2009/10/08)