春採湖、まだ凍結中

  • 2011/03/31(木) 00:00:00

高台から春採湖を撮る。
釧路市内の雪はほとんど融けたけれど、湖は完全に凍ったまま。

湖のほとりまで行ってみる。

スズメの声もよく聞くようになった。


続きを読む

「春採湖、まだ凍結中」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
夜の幣舞橋part7 (2010/01/30)
漁船と夕日 (2011/08/11)
夜の幣舞橋part4 (2009/11/11)

温根内ビジターセンター、雪解け(後)

  • 2011/03/30(水) 00:00:00

釧路湿原への木道。雪はもうほとんど残っていない。
森の氷も半分くらいは融けていた。

木道から右岸堤防を撮る。
釧路湿原国立公園の看板がある辺りは立入禁止だと思うが、違ったかな?
(一度、軽トラックが走っていくのを見たことはある。)



続きを読む

「温根内ビジターセンター、雪解け(後)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ちょっと予想外に (2010/03/12)
春採湖に寄り道 (2010/08/05)
雨の塘路湖 (2009/06/12)

節電、じゃなくて電力供給の話

  • 2011/03/29(火) 00:00:00

気になっていたので、簡単に調べてみた(主に北電の資料による。)
ネタが切れそうなせいもあるけど。
細かい点に色々間違いがあると思うので、読んで本気にし過ぎないように。
この話をそのまま他人に喋ってツッコまれたとしても、当局は一切関知しないからそのつもりで。


現在の北海道内の電力需要は315万kwh
最大供給量は530万kwhで、内訳(最大電力供給量)は
61%が石油火力、主要な発電所は苫小牧(25万kwh)、伊達(70万kwh)、知内(70万kwh)
20%が石炭火力、主要な発電所は砂川(25万kwh)、奈井江(35万kwh)、厚真(165万kwh)
7%が原子力で、泊(207万kwh)だけ。
水力とか風力はこれらに比べて出力がかなり小さい。
忠別ダム1万kwh、二風谷ダム3千kwh、宗谷丘陵の風力発電6万kwh。

≪本文と関係ない、弟子屈のぽっぽ亭、ジンギスカン定食の写真≫


続きを読む

「節電、じゃなくて電力供給の話」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
震災から9ヶ月経ちました (2011/12/11)
久しぶりの札幌出張 (2011/09/21)
まなぼっと、ライトアップ中 (2012/11/14)

温根内ビジターセンター、雪解け(前)

  • 2011/03/28(月) 00:00:00

連休だが、季節の変わり目だからか体調が今ひとつ。
近場を回ることにして、温根内へ行ってみる。

なんと、早くもヒグマが目撃されたらしい。
「右岸堤防」の字だけではどこにいたのかピンと来ない。



続きを読む

「温根内ビジターセンター、雪解け(前)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
戦車揚陸艦しもきた (2012/09/17)
細岡展望台(2011年春) (2011/04/28)
濤沸湖・湿地センター(オープン前) (2012/05/24)

東北地方太平洋沖地震、翌々日(後)

  • 2011/03/26(土) 00:00:00

釧路川周辺を散歩中。
河岸に打ち上げられた丸太を、クレーン車を使って撤去していた。
川に浮かべれば、後はタグボートが上流の貯木場まで牽引していくようだ。

続きを読む

「東北地方太平洋沖地震、翌々日(後)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
釧路市立博物館(前) (2011/09/20)
E-P1に外付けストロボ(前) (2010/02/01)
夜の幣舞橋part2 (2009/10/13)