節電、じゃなくて電力供給の話

  • 2011/03/29(火) 00:00:00

気になっていたので、簡単に調べてみた(主に北電の資料による。)
ネタが切れそうなせいもあるけど。
細かい点に色々間違いがあると思うので、読んで本気にし過ぎないように。
この話をそのまま他人に喋ってツッコまれたとしても、当局は一切関知しないからそのつもりで。


現在の北海道内の電力需要は315万kwh
最大供給量は530万kwhで、内訳(最大電力供給量)は
61%が石油火力、主要な発電所は苫小牧(25万kwh)、伊達(70万kwh)、知内(70万kwh)
20%が石炭火力、主要な発電所は砂川(25万kwh)、奈井江(35万kwh)、厚真(165万kwh)
7%が原子力で、泊(207万kwh)だけ。
水力とか風力はこれらに比べて出力がかなり小さい。
忠別ダム1万kwh、二風谷ダム3千kwh、宗谷丘陵の風力発電6万kwh。

≪本文と関係ない、弟子屈のぽっぽ亭、ジンギスカン定食の写真≫


続きを読む

「節電、じゃなくて電力供給の話」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
震災から9ヶ月経ちました (2011/12/11)
新年明けましておめでとうございます (2010/01/01)
標茶の駅前で (2012/03/18)