達古武沼のホタル

  • 2012/08/15(水) 00:00:00

7月後半から釧路湿原でホタルが見られると聞き、達古武沼まで行ってみる。

日没後2時間で、温度と湿度が高い(雨はNG)ことが条件らしい。
オートキャンプ場から森の中の遊歩道(当然だけど街灯は無い)を
5分程度歩くので、ライトと虫除け位は持って行ったほうがいい。


かなり久しぶりにLEDライト(DCP-LSP0024C)を持ち出したら
最初の印象とは逆で、大光量なところとストラップの使いやすさが
好印象だった。光が拡散しないのも欠点だと思っていたが、
ホタルを見る場合に限っては、今までの蛍光灯ランタンより適していた。

今回はE-P1 & 17mmF2.8を三脚に固定し、マニュアルモードで、
シャッタースピードを60秒、絞りは開放、ISO感度3200で撮ってみた。

ヘイケボタルはそんなに明るくないので、光跡はあまりはっきり写らない。

カメラの目前を2匹のホタルが横切ってくれたので、はっきり写った1枚。

1時間ほど真っ暗な木道でホタルを撮っていたが、
あまりうまくいかずにこの日は引き上げた。

ホタルの体長もかなり小さい(1cm前後)ので、その光跡を
イメージどおりに撮るのはかなり難易度が高いように思えた。


「達古武沼のホタル」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
石炭貨物鉄道 (2010/09/09)
まなぼっとに退避中 (2011/03/12)
美瑛を通過中 (2011/07/18)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する