紅葉とライトトーン(前)

  • 2009/12/04(金) 00:00:00

細岡展望台にて。
この辺もすっかり木の葉が散って、寒々としてきた。
E-P1のライトトーンで撮ったので、薄い色合いになっている。


細岡展望台から先に進むとどこに行くのか気になったので、自分で確かめてみる。
Uターンできる場所があるか気にしながら進むと、見晴らしのいい場所に出た。
そのまま進むと、よし野の住宅地の裏に出たので、国道に戻って再び北上。


E-P1に11-22mmを着けて、遊歩道を進んでみる。
足元には乾燥した枯れ葉が積もっていて、火が着いたらよく燃えそう。
これもライトトーンで撮っているけど、逆光でコントラストが
落ちているように見えてしまう。使いどころが難しいかな?


こちらはE-3 & 35-100mmF2.0。
望遠だと木の幹で構図が分割される印象が強くなる。
残っている紅葉と枯葉をうまく並べたいところだが…。



ヘイぜル・クラウズ・ロッジの前庭に綺麗な紅葉が残っていた。
風が吹く度少しずつ木の葉が落ちていたので、青空と合わせていいタイミングで撮れたと思う。


望遠レンズの圧縮効果を狙ってみる。
日中シンクロで看板を照らした方が良かった気がする。



芝生に伸びる影の長さが、冬に近づいている証拠のような。



「紅葉とライトトーン(前)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
塘路駅のホーム (2010/12/29)
霧の中 (2011/11/30)
オホーツクの小麦畑 (2011/08/25)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する