芝生を跳ねるツル(後)

  • 2010/02/06(土) 00:00:00

鶴居村、伊藤サンクチュアリにて。
1メートルくらいジャンプしていそうな様子。
右のタンチョウの太ももに標識(黄色い帯)があるので、
上の写真から位置が入れ替わっているのが判る。


足元の影がはっきりしないけれど、揃ってジャンプしているところ。


塘路湖から見上げる月。
木の枝を手前に少しだけ置くつもりが、煩くなってしまった。


日が暮れる前に塘路湖へ移動。
キャンプ場は薄暗かったけれど、
対岸の落葉は夕日が当たっていい色になっていた。


落ち葉も風に飛ばされて少なくなった。
年末には根雪の下に隠されるか?


静まった湖面を撮ろうと思った次の瞬間、カモが飛び去っていった。


遠方(と言っても200m位?)を進むホオジロガモ。
なぜかこの1羽しか見かけなかった。


「芝生を跳ねるツル(後)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
再び達古武沼へ(前) (2010/06/07)
釧路市丹頂鶴自然公園(中) (2011/05/18)
鶴居のスズメ(前) (2011/01/15)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する