弟子屈のテツ(パイロット版)

  • 2009/02/27(金) 00:00:01

この話はFC2ブログに一度載せたものを再編集したものなので、
FC2で読んでくれていた人にとっては目新しさは無かったりする。
楽天とDtiのどちらが見易いか比較するために書いたようなものなので、
容赦してほしい。

2005年の1月、美幌峠の展望台で小さなノラ犬を見かけた。
鼻が短いので、たぶん生後半年以内。
外気温マイナス15℃と、子犬にはかなり過酷な時期だったと思う。
雪が降る前に美幌峠に捨てられていたらしい。
レストハウスの人が呼びかけても笹薮に逃げ込んでいた時期。

美幌峠でしばしば駐車場を歩き回っているのを見るようになった。
(と言っても、それほど美幌峠には行っていないのだが。)
人に吠えない犬だったので、レストハウスの人だけでなく、
観光バスの乗務員とかトラックの運ちゃんにも人気だったらしい。
いつの間にやら皆に「テツ」と呼ばれるようになった。
本州からの旅行中にテツに会って毎月ドッグフードを送ってくれる人までいたとか。

テツを飼いたいと言う人が何人か現れたけれど、
テツは誰の車にも乗ろうとしなかった。
このままずっと美幌峠に留まるかと思われていたのだが、
2007年の初夏、ある人のの車を追いかけで弟子屈町まで走っていった。
(弟子屈まで40km、普通に車が走ったら犬がついて行ける筈はないのだが、
そのあたりの話は弟子屈まで旅行して今の飼い主から直接話を聞いてほしい。)
その車の人に飼ってもらえることなったテツ。

京風たこ焼・たこまつ屋の看板犬として、今では近所の人気者。
お店は弟子屈町役場のすぐそば。

弟子屈に住んでからのテツの写真。
たこまつの店内で、こちらが散歩に連れて行ってくれるのを待っている。
最近は、吠えないけれどジャンプして催促するようになってきた。

こちらが走るとテツも走る。

折りたたみ自転車使っても大丈夫なくらい元気。

満足して昼寝中。
でも、トラックの音と小学生の団体は苦手みたい。

笑っているように見えるテツ。

ちょっと北海道犬の血統が混じっていると思われる。

こっちは目じりが下がっているように見える。
美幌峠にいた頃からカメラ向けると、
写真写りがいいポーズをとるような気がする。

散歩中、チラリとこちらを向いた瞬間。


店内でおとなしくしているところ。
美幌峠で世話をしていた人達が「顔つき変わったね〜」と喜んでいた。

「弟子屈のテツ(パイロット版)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
たこまつ屋の看板犬_テツ(その2) (2009/06/13)
弟子屈の犬・テツ(その1) (2011/11/06)
たこまつ屋の看板犬、テツ(その4) (2009/08/14)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

こんばんわ

はじめまして。
リンクと画像の掲載については、撮影者を明記していれば問題ありません。

  • 投稿者: XJRR2
  • URL
  • 2009/08/26(水) 19:27:35
  • [編集]

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

  • 投稿者: -
  • 2009/08/26(水) 16:44:17
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する