久しぶりに海鷲撮り(後)

  • 2010/02/19(金) 00:00:00

丘を越えて国道に戻ったら、オジロワシ若鳥が低空飛行の練習中だった。
翼の形を見て、なぜかバッカニアを思い出した。


バッカニアと書いて、即「ブラックバーン」と返してきたらビックリだ。
自分は長いこと、ホーカーシドレー・バッカニアと勘違いしていたけど。

脇道から撮っていると逆光になることが多いので歩いて国道へ移動。
ちょうどいいところにオオワシの成鳥がやってきた。
こちらは少し警戒しているようで、2回旋回したら林の向こうへ飛び去った。


車に戻る途中、またやってきたオジロワシ幼鳥。
明らかに地上のカメラに気が着いているが、
鶴居村だとデカいレンズ持っている人が多いので慣れているのか?


帰る途中、塘路湖に立ち寄る。
氷の上に親切が積もって、水鳥の浮く場所は残っていなさそう。


湖岸を歩いていくと、氷が割れてせり上がっていた。
凍ることで水の体積が膨張し、圧力の高い部分で氷が割れて持ち上がる。。
もう少し派手になると「御神渡り」と呼ばれる。


??久しぶりに海鷲撮り(後)?廚??匹??誠佑呂????糞??????匹??任??泙?
春国岱のオオワシ (2012/03/06)
再度、阿寒のツルセンターへ(前) (2012/01/17)
湖の風紋 (2012/02/24)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する