オオワシ通貨

  • 2010/02/22(月) 00:00:00

茅沼温泉で空を眺めていると、こちらへ向かってくる影に気がついた。
すぐに車に駈け戻ってE-3の電源ON、設定を確認しながらレンズを振る。
フォーカスする時間がいつもの5倍位に感じる。
オオワシはレンズを避けるかのように離れていく。
合焦音を聞いたら即レリーズ。
ファインダーがブラックアウトする間、左眼で被写体を
追いかけるのが理想だが、ZuikoDigital ED300mmの鏡像に遮られる。


(少し遠かったので、トリミングしている。シャープネス強過ぎだった。)
いい写真が撮れたかどうかは、自宅に戻ってからの方が判断しやすい。
(というか、撮影時の精神状態では正確さに欠けるものがある。)
デジタルデータが破損しないように祈りつつ、次のポイントへ向かう。

茅沼駅に集まるタンチョウたち。
5羽位しかいないので、鶴居村のように観光客で賑わうこともない。
まだ12月なのにダンスをする姿が見えた。


あんな細長い脚で、なんであんなにジャンプできるのか?
と毎度不思議に思ってしまう。
渡り鳥の図体は羽毛で実際よりもかなり膨らんで見えるので、
実は見かけよりずっと軽い(骨もあちこちにスキマがある)のと、
体重当りの筋力は、人間より鳥の方が圧倒的に上なのは知っている。


求愛のダンス…?

「オオワシ通貨」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
冬の網走ドライブ(その4) (2010/04/12)
鶴居まで偵察に (2010/12/11)
達古武沼、結氷 (2013/01/23)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する