オオワシまで遠く(前)

  • 2010/02/26(金) 00:00:00

天気がいいけれど遠出する気力が無いので鶴居村へ。
川魚も多そうなので、猛禽が飛んで来ないかと期待。


期待していたとおり、オオワシがオジロワシを追いかけていた。
慌てて撮ったらピントが抜けてしまった。
たまにはこんなこともあるってことで。



遠方に別のオオワシがとまっているのを見つけた。
遠過ぎてAFの誤差が大きくなるのと、大気の影響で像が歪むので
撮ってもな〜と思っていたら、別のオオワシが押しかけてきた。
他に休めそうな場所はいくらでもあるのに接近するのは何故?


音羽橋のすぐたもとで、タンチョウとハクチョウが食事中だった。
ハクチョウのクチバシが真っ黒で、一瞬違う種類かと思ったが、
よく見たら川底の泥で汚れているだけだった。


浅瀬に群れるタンチョウの上でオオワシが休んでいる。
カメラを少し傾けて同じ構図に収めようとしているが、
三脚があればもう少し微調整できただろう。多分。


遠方を飛ぶオオワシを狙う。
遠過ぎてオオワシの部分だけトリミングしても像がはっきりしない。


オートフォーカスも迷うことが多かったので、2年少々使って
E-3もちょっとくたびれてきたのかもしれない。
割と厳しい条件で使っているので、一度点検に出すか考えている。

「オオワシまで遠く(前)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
走コタンへ(前) (2011/03/08)
春国岱のオオワシ (2012/03/06)
久しぶりに海鷲撮り(前) (2010/02/17)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する