ラリー北海道2010(最終回)

  • 2010/07/02(金) 00:00:00

まだSS18、オビヒロ4の続き。
CarNo.70、星野・石田組のランサー。
この時点で外気温は10℃でえらい寒い。
ホッカイロの世話になりながら、ラリーカーを撮り続ける。


CarNo.73、河野・高橋組のインプレッサ。
もう少し前に跳んだ瞬間を撮りたいが、車は飛行機と違って
あっという間に…いやさあっと言う間もなくノーズが
下がり始めるので、欲張るとノーズがブレブレの写真に
なってしまう。シャッタースピードも1/100sec以上が良さげ。



CarNo.86、天野・井上組のヴィッツ。
そおいや、1500ccのFF車でラリーを始めるならちょっと前までは
三菱コルトが一押しだったらしいが、現在はヴィッツが最適らしい。


特に補修部品がバラで買えるか、アセンブリーしかないかの違いは大きい。
ランエボ9の競技用パーツも入手不能という話があって、
色々大変だと思い直す今日この頃(誰が悪いって話ではなくて。)

スイーパーが最終SSを走るのを見送って、サービステントへと戻る。
撤収をちょっとだけ手伝い、あとはひたすら雑談。
そこへスズキの熱烈なファンの女性がやって来て
某保井選手から色々とネタを仕入れていた。


ノリピー選手じゃん、というツッコミは聞こえないw)

インタビューは続く。ブログのネタにするとかしないとか?
「Y井選手の鬼のシゴキで番場クンが…。」
「カマキョウ選手がすっかり親バカで…。」
という会話はしていなかったので誤解のないよう。
(と、誤解されそうな書き方をしておく。)


向こうでは、これまたスズキファンの男性と、陸軍関係者らしき人が
記念撮影をしていた。カレーマルシェがどうとか言っていたような
気もしたが、きっと空耳だろう。


石田正史選手に見えるのもきっと他人の空似だろうw
何はともあれ、今年のラリー北海道も楽しかった。
大会関係者や選手の方々には感謝です。来年もまた宜しくお願いします。


「ラリー北海道2010(最終回)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ラリー北海道2010(その7) (2010/06/19)
Super Tarmac 2012 (その3) (2012/05/23)
陸別しばれフェスティバル(その1) (2012/02/10)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する