冬のキャンプ場

  • 2011/02/03(木) 00:00:00

雪が積もってから達古武沼のキャンプ場がどうなっているのか
見たことがなかったので、塘路に行く途中寄ってみた。
レストハウスは営業していないが、歩行者用のゲートは開いている。

長靴は積んでいなかったが、雪が固く締まっているのでかなり歩きやすい。

しかし、溝とか斜面では吹き溜まりになっていて埋まることもあった。
(写真は排水用の浅い溝にぬかった跡。)


達古武沼のところどころにワカサギ釣りのテントが見えた。

風の弱い日なら、テントなしでもあまり寒くはないみたいだ。

自分は寒がりなので、多分ムリ(前に朱鞠内湖に行って懲りた。)

キャンプ場の上空を飛ぶオオワシを見かけだのだが、
300mmを車内に置いている間だったので撮り損ねた。残念。
通常、海ワシの五感上でのサイズを写真で表すとこんなもんだと思う。

夏はオートサイトのある芝生も今は真っ白な雪原。



「冬のキャンプ場」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
帰り道の青空 (2009/10/22)
メロン熊 (2012/06/21)
水没中(前) (2012/05/26)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する