Rally Hokkaido 2009 (その7)

  • 2009/08/01(土) 00:00:00

いよいよラリー北海道2009の記事もこれで最後。
ラリー関係のネタはエントリーリストやらルートマップを見直して
色々思い出しながら書くので正直面倒くさい。ヒマ人だからできるけど(苦笑)
最終のSS18オビヒロ4、ここを走りきれば後はポディウムに登るだけ。
CarNo.70、鎌田・保井組のランサー。
この写真は失敗しないようにとビビって、絞らずにシャッター切っているため
さっぱり背景が流れていない。はっきり言って失敗だよな〜と。


でも自分では気に入らなくても写真は載せておかねば。
今回ブレーキローター2枚交換したので修理代かかるし
(ちなみに自分のXJR400ですらブレーキローター2枚交換で5万円かかった)、
秋には子供も生まれて経済的に厳しいのは間違いないから、
この記事読んでTシャツとかマグカップとか買ってくれる人が
ちょっとか増えないかと思う。ラリー観に来たついでにガチャガチャ回すだけでもいいから。


CarNo.75、田中・遠山組のミラージュ。
FFらしい(?)ダートラばりの派手なターンを見せてくれた。
全日本9位は凄いです。


CarNo.80、大井・竹下組のコルト(通称ハナコ)は全日本15位。
JN1.5クラスでは優勝した。
東川町のカマタスポーツで作ったこの車、えらく頑丈らしい。


CarNo.84、鷲尾・鈴木組のスイフトは全日本20位。


CarNo.88、市川・坂木組のインプレッサは全日本12位。
途中からED35-100mmにテレコンバーターEC-14を着けてみたけど、
コースが広いので離れるとやはり地味になる。


CarNo.67、星野・石田組はスーパーラリーでの出走。
豪快な走りを見せてくれて面白かった。


CarNo.73、富沢・べんどう組のランサー。
こちらもSS3でコースアウトによりリタイヤ、スーパーラリーで再出走している。
けっこう長めに跳んでいるように見えるが、エボ6で軽いからか?


最後に走るスイーパーを見送る。
これでラリー北海道2009の全SSが終了した。
最近はスイーパーが来るのを待つ人が多くなってきた気がする。


ポディウムフィニッシュに向かうカマキョウ号。
人垣ができているので、脚立の上から撮ってみる。
焦って撮ったら保井選手の顔が隠れてしまってえらく残念。
この直後「ではCarNo.70…」とか聞こえて、
ポディウムの斜め前方まで駆け足で移動した。


早朝と夕方は特に太陽に位置に気をつけましょう、の実例。
太陽の光がルーフに反射して保井選手が見えません(泣)
フラッシュ(FL-36)も炊いているけどちょっと無理があった。
せっかく全日本6位に入賞したのに(まぁあべした氏とくう氏も
撮っていたので、ちゃっとしたのはフォト蔵で観られる筈。)


帽子を掲げるドライバーの鎌田恭輔(カマキョウ)選手。
一番右に立つ黒いレーシングスーツの人がコ・ドライバーの保井隆宏選手。
完走おめでとうございます。
サービス隊もお疲れ様でした。
大会関係者の方々には感謝です。
また来年もよろしく。
(9月のRTCラリーとかち2009で会いそうな人もいるけどw)


「Rally Hokkaido 2009 (その7)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Ezo Summer Rally 2012 (後) (2012/06/20)
ラリー洞爺2012(その5) (2012/07/21)
ラリーとかち2009(その1) (2009/10/04)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する