再度、阿寒のツルセンターへ(後)

  • 2012/01/19(木) 00:00:00

観察スペース側のフェカスを飛び越えて着地しようとしているタンチョウ。

給餌場の南側にも広い飼育場があるので、冬の間は常にタンチョウが見られる。

タンチョウから少し離れた場所で、食事に入った(と見られる)オジロワシ。



さっきよりは少しだけ接近してきたオオワシ。
他に2羽いたのだが、遠くの畑に座っていたので撮らなかった。
やっぱりオオワシは網走周辺のほうがいい画が撮れそう…。

(遠いので、写真はトリミング済のもの。)

ダイブするオジロワシ。
無風の日に、畳ほどの巨体をヒラヒラさせて降下する姿は優雅だ。

タンチョウの間を抜けて、餌に向かっていくオジロワシ。

午後3時近くまでオジロワシを撮り、飼育場を少しだけ眺めてから撤収した。
こちらのケージにもタンチョウがいると思ったら、オグロヅルだった。

おまけ。
音羽橋から撮った、タンチョウのねぐらを横切るエゾシカ。
なぜか1頭だけで行動していた。



「再度、阿寒のツルセンターへ(後)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
久しぶりに海鷲撮り(後) (2010/02/19)
冬の網走ドライブ(その4) (2010/04/12)
達古武沼に座るワシ (2011/03/02)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する