達古武沼の氷、融けはじめる

  • 2011/03/25(金) 00:00:00

達古武沼の氷上を歩けるのもそろそろできなくなりそうな陽気。
表面が融けて、水溜りができていた。
まだ人が乗っても割れないと思うが、溺れなくても冷たいので近寄らない。


続きを読む

「達古武沼の氷、融けはじめる」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
早春の海鷲 (2012/04/28)
海のそばの北浜駅 (2012/04/03)
再度、阿寒のツルセンターへ(前) (2012/01/17)

東北地方太平洋沖地震、翌々日(前)

  • 2011/03/24(木) 00:00:00

津波警報も解除され、幣舞橋も普通に通れるようになったので、
E-30 & 40-150mmと、E-P1 & 17mmパンケーキをぶら下げて様子を見に行く。
釧路川には流木が漂っており、フィッシャーマンズワーフは復旧作業中。
浸水により電気設備が壊れたため、しばらく休業するようだ。



続きを読む

「東北地方太平洋沖地震、翌々日(前)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
MOOのX’masツリー(撮り直し) (2012/12/23)
釧路、夏の盛り (2012/08/24)
釧路に到達 (2011/06/27)

塘路湖に雪だるま

  • 2011/03/23(水) 00:00:00

標茶でSLを撮った帰り、塘路湖に寄る。
キャンプ場も雪解けが進んでいた。

暖かくなって足元がザクザクだったが、塘路湖上も歩いてみる。
作りかけの雪だるまが放置されていたのを、E-P1 & 17mmパンケーキで撮る。



続きを読む

「塘路湖に雪だるま」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
釧路川上空にオジロワシ (2012/01/20)
遠くのノスリとか (2011/02/05)
塘路湖のオジロワシ (2009/05/18)

東北地方太平洋沖地震(避難中の話)

  • 2011/03/22(火) 00:00:00

地震から早くも10日経った。忘れる前に避難した時の状況を整理してみる。

3/11、14:50に地震があった。震度は4。勤め先の全員が職場待機を命じられた。
待機中、NHKニュースとSTVのライブカメラが重要な情報源になったが
フィッシャーマンズワーフが津波で浸水して停電したのには驚いた。
(海抜ゼロに建っているからそれなりに対策されているとばかり思っていた。)
結局、釧路近郊では地震の影響が比較的少ないことから待機は解除され、21時には帰宅。

念のため着替えと寝袋を車に積み込んでおいた(もし渋滞したら車は捨てて逃げる算段。)
寝る前に地震情報をチェックしていたら、通りに警察と消防が来て避難勧告を始めた。
津波警報の予想波高が2mから8m!に変わっていたので、慌てて家を出る。
道路はガラガラに空いていたが「今津波が来たら車ごと流される」とヒヤヒヤしながら走り
まなぼっと(生涯学習センター)に避難した(津波で避難は人生で3度目だ。)

NHKのニュースを観ながら(正確には聴きながら)、並べた椅子をベッド代わりに眠った。

眠る時は「朝になれば、津波も収まっているだろう」と思っていたが、津波は断続的に来ていた。



続きを読む

「東北地方太平洋沖地震(避難中の話)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
チャランケ砦跡 (2012/05/09)
北海道立釧路芸術館(前) (2012/08/29)
釧路の(ほぼ)初雪 (2011/01/13)

今年のSL撮りおさめ(後)

  • 2011/03/19(土) 00:00:00

茅沼の展望広場から見るSL冬の湿原号。
「釧路湿原を走るSL」というイメージで撮るのにいい場所だと思う。
天候によってはスノーシューなしでは来られないのが難点か。



続きを読む

「今年のSL撮りおさめ(後)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
再び塘路の犬(後) (2012/02/29)
標茶のSL(前) (2010/03/31)
今年のSL撮りおさめ(前) (2011/03/17)